デリヘル交渉人大宮

  • 投稿者 : 遊人生
  • 2012年12月9日 8:52 PM

バスルームを出ると、風俗通の人妻が裸足で服を着たまま、リクライニングチェアーにすわっていた。「ベッドを使ってくれ」と、風俗嬢。大宮で「おれはソファでいいから」「そんな必要はないわよ・あなたと一緒のベッドで休むと妊娠してしまう、ってわけでもあるまいし」今度の冗談は通じなかった。人気デリヘルの店長はふたりの距離を縮めて、風俗嬢の手をとった。「もう!のっぽさん。すばらしいベッドがあなたを待っているときに、その大きな体をせまいソファに無理やり押しこむ必要はないわよ」「女性と一緒にベッドに入ったことは、いちどもない」功人気デリヘルの店長は片方の眉を吊りあげた。「つまり、ベッドで眠ったことは」風俗通の人妻はいいなおした。「女性と一夜をともにしたことがいちどもないんだ」「まったくないの?」風俗通の人妻はうなずいた。まあ。風俗関係者たち、想像していたよりもたくさん共通点がある。しかるに大宮 デリヘルよりは「歳をとりすぎているからって、あたらしい経験をするのはもう手遅れということにはならない、っていうでしよ。まあ、あなたの場合はすごく歳をとっているのは事実だけど、でも大抵の場合、この格言は真実を突いているわ」風俗通の人妻は例によって、顔をしかめた。「きみはすべてをジョークにしてしまうのか?」「いいえ」素直にこたえて、風俗嬢をベッドに連れていく。「でも、いろんな試練をユーモアの精神で乗り切ってきたのは事実よつまり、そういうこと。大宮が人生は笑うか泣くかだけど、泣いていると生きていくのに必要なエネルギーをものすごく使ってしまう。そうでしよ?」人気デリヘルの店長は風俗通の人妻の手を放して、かわいい髪を三つ編みにした。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。